海外などの旅行者による下痢について

1.旅行者下痢症
これは旅行をしている時、また帰国して10日以内に1日つき3回以上下痢が起こる生症状になります。
この場合は腹痛を発症します。
そして人によっては発熱や悪心、また嘔吐や血便が出てくる事もあります。
またそれらの多くは1週間以内に改善されますが中には1週間以上続く方が10%、また1ヶ月以上続く方は20%います。
そしておよそ20%の方は旅行の際中1,2日程度安静を求められる方も出てきます。
2.原因について
A.「病原体がない一時的である胃腸障害が要因の下痢症」
水について
日本では軟水ものですが海外では硬水のものが多くなっています。
またミネラルによる下痢を出てきます。
香辛料、また脂について例えばエスニック料理で使用されるとても強い香辛料、また変性油によって下痢が出てくる事もあります。
環境の変化によるもの
腸と言うのは神経系によって調整されています。
それゆえ突然の環境変化が要因となった精神面のストレスや肉体面の疲労は腸運動に変調をもたらす事もあります。
抗生剤について
抗生剤を服用する事によって下痢が出て来る事もあります。
B.「細菌が要因にる下痢症」
赤痢やコレラ、腸チフス、腸管出血性大腸菌(O-157)、パラチフス、毒素原性大腸菌、カンピロバクター腸炎、サルモネラ、腸炎ビブリオ、ノーウォーク様ウィルス下痢症、赤痢アメーバ症、ロタウィルス下痢症などの症状が出てきます。
3.予防法について
この旅行者下痢症の大半は食物や水分からの感染になってきます。
こま予防法は病原微生物によって汚染された飲食物を回避する事です。
また水道水は殺菌して下さい。
そして生野菜も回避して下さい。
また魚介類、肉類など火を通して下さい。
そして果物はその表面に傷が付いているものは回避して下さい。
4.治療法について
例えば急性期死亡の要因は脱水になってきます。
この旅行者下痢症で重要な事は無くなった水分を即補給する事です。
そして下痢を起こす事により無くなったミネラル分補給して下さい。
食事ついては腸への負担が少ない物を摂って下さい。
また硬い物や香辛料、そして乳製品などは腸に対しての刺激もとても強い事もあり便が正常になった後で補給して下さい。
下痢止め薬、また抗生剤は注意して下さい。
乳酸菌製剤は有効になります。
この症状の改善がない時は病院で相談して下さい。