新しい習慣が身につく2つの方法

新しい習慣が身につく2つの方法を解説します。

ある決まった行動を自動化して定着させたいならば<習慣化>がいいでしょう。

真剣に新しい習慣を身につけたいならば早い段階で毎日実践することが大切dせう。
1番目の方法は<毎日実践するための時間を設定すること>です。

繰り返すために、その行動の特別な時間を日課とするのです。

私は6カ月前にギターを購入しました。
でもギターを弾ける日があったりなかったりしました。

いろいろな理由があって継続的に時間がとれなかったのです。

都合がつかずに何日もギターに触れない日もあったのです。
しかし楽器演奏は毎日練習しないとなかなか向上しません。

だからギターを練習する時間をランチの後に設定したのです。

すると欠かす事なく毎日ギターの練習がでいることになったわけです。
ある行動を欠かさずに繰り返すには特別な時間を設定することが有効です。

それは自動的にやっている気分になれることです。

毎日繰り返す都度に習慣として強化されてゆきます。

翌日に繰り返すことが全く苦にならなくなってきます。
2番目の方法は<必要とするものを視覚に入りやすいところに置くこと>です。

2年間に転居して今のマンションに来たのですが、洗面所の横に座ってメイクをするようにしたのです。

すると1週間後には、毎日メイクをする癖がつきました。
「なんだ!女性ならば当然でしょう」と思うかも知れませんが、私は毎日メークをするタイプではなかったのです。

しかしながら、別に面倒だ!とも感じなくなって、急に毎日メークをすることになりました。

毎朝、家を出る前には洗面所の前に座りますが、するとメーク道具が目の前にあるわけです。

だからメークするようになったのです。
そういった習慣ができる前は正直「毎日メークするなんて面倒だ!」と思っていたのです。

でも<視覚的リマインダー>効果のお陰もあって簡単にできるようになりました。

これは意図的に身につけようとした習慣ではないです。

でも今はメークをすることが苦ではなくなっているのです。