副腎皮質ホルモンの副作用が心配

大人になっても全くアトピーが治らないと言う人たちも実際には多くいらっしゃるようです。
肌が赤くなっている方々をも多く見かけることがあります。
今回、大人の女性で、アトピーに悩んでいる方々に対してスポットを当ててみたいと思います。
私も実を言えば、そのようなアトピーの経験者なのです。
随分長い間アトピーと格闘して来た経緯を持っています。
そして、子供の頃から、アトピーを持っていると、大人になれば、大人としてアトピーの悩みが更に加わって来ます。
それは、見た目の問題もありますし、アトピーの肌に、美容効果を意識して、化粧などしてしまったりすることです。
そして、アトピーを気にしてしまえば、私達は実際に思い通りの化粧すらすることが出来なくなってしまうのです。
そして、女性なら思い通り化粧が出来ないことによって、ストレスを溜めてしまうことも大いにあり得ることなのではないでしょうか。
何か悪循環の道を辿ってしまっているかのようですが・・・。
そして、これは、私のあくまでもの経験ですが、 「ステロイド」という副腎皮質ホルモンを処方してもらった事もありましたが、「ステロイド」という副腎皮質ホルモンと言えば、最近では、副作用の問題もかなり指摘されているようですね。
そして、一度「ステロイド」という副腎皮質ホルモンを処方されてしまうと、かなり長い間をそれを使い続けなければならないです。
やはり、「ステロイド」という副腎皮質ホルモンには安易には向きあってはいけないと思いますよ。
もっとアトピー改善にはいい方法があったのです。