エコノミークラス症候群の症状

1.エコノミークラス症候群について
これは深部静脈血栓症や旅行者血栓症、または深部静脈血栓症や血栓症、はたまたロングフライト血栓症等、いろいろな名前になっています。
始めは飛行機のエコノミークラスに搭乗したお客からこの症状の訴えがあり、またその患者の多くはエコノミークラスに搭乗したお客が多かったので、こちらのエコノミークラス症候群と言う名前で言われる様になりました。
またこの症状はビジネスクラス、またファーストクラスに搭乗したお客の中にもある様です。
例えばバスや列車、また自動車や船等に長い時間乗っているとその様な症状が出る事もあります。
この症状と言うのは例えば軽度の時は足がむくんだり腫れたりする事があります。
また大腿やふくらはぎに痛みが出てくる事もあります(これは普通片側になります)。
そして重症の時(肺に血栓が詰まるケース)では胸痛や呼吸困難などの症状になってきます。
もしその対応が遅れると最悪死亡する事もあるみたいです。
この症状は降機の直後、または旅行から帰った後数日後に出る事もあります。
2.原因について
このエコノミークラスと言うのはとても狭くなった座席に長い時間同じ姿勢でいると徐々に足が腫れたりむくんだりします。
そして血行が悪くなってくると血液の中にある水分が血管の外に出てくる事もあります。
それゆえ血液濃度が上がり血栓が出やくなってきます。
また血栓が出た状態で歩いたりすると大腿部にある静脈の中の血液の流れが速くなり、血流に血栓が乗って肺の中の血管を詰まらせる事により血流が止まり呼吸困難等の症状が出てくる事になります。
それではどうしてこのエコノミークラスの症状が出てくるのかになります。
その理由は次の様になります。
①飛行機の機内は乾燥している事もあり(だいたい20%以下程度)水分が常に蒸発しやすくなっています。
また人間の体からは1時間におよそ80ml程度の水分の蒸発があり、半日でおよそ1リットルの水分が蒸発する事もなります。
それゆえ長い間飛行機に乗っていると水分がたくさん失われる事になり静脈の中の血が凝固しやすくなります。
②このエコノミークラスみたいな狭い所にいるとそんな身体も動かせずまたトイレに 行くのも億劫になってきます。
そしてトイレの回避の為に水分をあまり取らず、また座っている状態が長くなってくるからです。
3.予防法について
1.機内では身体をよく動かして下さい。
2.水分補給をして下さい。
3.カフェイン、またアルコール類は控えて下さい。
(利尿作用の為)
4.身体を締め付ける服装は回避して下さい。